賃貸物件の家賃の支払い可能な上限

賃貸物件の家賃の支払い可能な上限

賃貸物件の家賃の支払い可能な上限

賃貸物件を借りる場合には家賃を考えることが重要です。一般的に言われるのが家賃は月収の3分の1以下にすることです。これはあくまでも月収であり、ボーナスやその他不定期な収入は計算に入れない方が無難です。例えば月収が15万円の場合、家賃は3分の1の5万円以下にすることが大事です。何故3分の1以下と言われているのかといいますと、これには明確な決まりはありません。しかし、一般的な生活をする方の収入を考慮した場合、家賃の上限として考えられる数値であり、これ以上になると生活を切り詰めなければならないと言われています。つまり、無理なく生活が出来、趣味や遊興費、そして貯金なども出来る生活を送るためには3分の1以下に抑える必要があると考えられます。

3分の1を超える家賃が必要な賃貸物件に住んでしまうと何処かで無理をしなければならなくなります。一人暮らしをすると家賃の他に光熱費がかかりますし、遊興費なども多くなる場合もありますので、きちんと自己管理をすることが大切になります。ですから、無理をせずに毎月確実に支払えるような金額の家賃の賃貸物件を探すようにしましょう。身の丈に合わない生活は後になって後悔をすることが多いものです。